« G大阪勝利(パンパシ杯) | トップページ | 待っていました♪スパイク »

東アジアサッカー選手権韓国戦

残念ながら優勝逃してしまいました。

スタメンにガンバの3選手、ハッシーが初スタメン、日本は勝たなければ優勝は無かったのだけど、前半韓国に豪快ボレーを決められてしまいました。

中村憲剛くんの惜しいシュートもありましたが、なかなか決まらず、前半は無得点。

後半は選手変わらずスタート。選手同士の確認をしっかりとする。後半に入って日本がかなりボールを支配し、流れも良くなって、ゴールチャンスが生まれてきたように思います。

中国戦でラフプレーを受けたミチが途中出場してから更に仕掛ける場面が多くなり山瀬くんのゴールが決まる!山瀬くん本当に調子が良いsign03上手い~

FWを次つぎ投入するもゴール奪えず残念。タイトルは獲れなかったけれど、良かった面もたくさんあったと思います。岡田監督はことば少なですが(もちろんタイトル逃したから当たり前ですが)選手たちが前向きに捉えているよう。

中国戦でのラフプレーの数々、不快な審判のジャッジ、そんな中で怪我をも恐れずに果敢に攻撃、集中した守備を行った日本の選手にはお疲れ様でしたと言いたいです。

中澤選手、ピンチを何度も体張って防いでいた!ファウルしないのがすごいです。

サイドがもっともっとドリブルで仕掛けられると良いですね。

いつも言われている決定力不足を解消するべくW杯予選を突破してくれると良いです。

|

« G大阪勝利(パンパシ杯) | トップページ | 待っていました♪スパイク »

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134434/40237983

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアサッカー選手権韓国戦:

« G大阪勝利(パンパシ杯) | トップページ | 待っていました♪スパイク »